健康フォーラム
> HOME > 健康フォーラム > 元気の薬コラム
> 熱中症にご注意
健康Q&A
元気の薬コラム
お薬研究室

<根上り松店メッセージ>
熱中症にご注意

暑くなってきました。お元気でお過ごしですか?
この時期になると熱中症が増えてきます。暑いさなか運動をされる方のみでなく、屋外イベントの見学や車中でも起こりえます。特に車の中は室温があがりやすいのでご注意ください。

熱中症を防ぐには、
1. 直射日光を避ける。
2. 水分を多めに取る。
3. 風通しをよくする(衣類の中まで風を通すこと)。
4. 睡眠不足など体調のよくないときには無理をしないこと。

などが大切になります。
特に水分の摂取は大切です。暑いところにいくことが分かっているときは、その4時間くらい前から水分を多めに取ってください。また暑いさなかに水分を取るときには吸収を早めるために、電解質(塩)を一緒に取るようにして下さい。

もし熱中症になってしまったら
だるさ、意識障害、腕や足の痙攣、頭痛、めまい、吐き気などの症状が出たらすぐに処置が必要です。

1. 体を冷やす。
出来るだけ涼しい場所に移動して、衣類を緩めるなど楽な状態にします。
程度が重い場合は、全身を濡らし風を送ります。
このとき、手足だけが冷えすぎると血管が収縮して体温を下げることが出来なくなるので、手足のマッサージを行い血流を確保してください。
後頭部、わきの下、股間は大動脈に近いので、ここを冷やすのも効果があります。
2.水分の補給。
電解質の入った水分を取らせます。
ただし、意識障害,嘔吐があるときは飲ませてはいけません。この場合はすぐに点滴が必要となりますので大至急医療機関に運んでください。

夏、楽しいことがいっぱいある季節です.体調に注意して外遊びを楽しみましょう。
またお薬は、変質の可能性がありますので車内には放置しないようにしてください。
では、素敵な夏をお過ごしください。
元気の薬コラム
ページの先頭へ戻る
Copyright(C)Hello Pharmacy All Right Reserved.
株式会社ヘルスエコノミクス研究所