健康フォーラム
> HOME > 健康フォーラム > 元気の薬コラム
> 『パナジウム』について
健康Q&A
元気の薬コラム
お薬研究室

富士宮店メッセージ>
『パナジウム』について

ハロー薬局富士宮店は、富士登山道沿にあり、見上げると、そこには富士山がそびえ立っています。
今回、その富士山から頂いているたくさんの恵みのひとつである水のなかに含まれる『パナジウム』についてです。

パナジウムとは

スカンジナビアの神話に出てくる美の女神パナジスにちなんで名づけられたそうです。(なんとも神秘的ですね・・・)
科学的には原子番号23、元素記号「V」であらわされるミネラルの一種です。 効果としてインスリン様作用があり、糖尿病の予防、改善に役立ちます。他にも遊離脂肪酸を抑える働きもあります。
最近、ちまたでは、話題の物質ですが、ずっと前から富士山麓の限られた地域だけに、パナジウムの豊富に含む水は採水していました。富士山麓の玄武岩(パナジウム含有量が非常に高い岩石のこと)のバサルト層に雨水、雪解け水が何十年、何百年もかけてゆっくり浸透し、パナジウムを高濃度に含む伏流水となります。富士山ももうすぐ雪解けが始まります。

パナジウムを含む水に限らず
  じょうずな水の飲み方 ポイント!!
朝起きたら1杯飲む。
 朝は血液はドロドロだし、胃腸も目を覚ましてもらうために。

1日1リットルを目安に。
 毎食時など、コップ1杯ずつを5回位に分ける。

のどが渇く前に飲む。
 代謝を一定に保つために。

1度にガブ飲みするよりも、
 
体の保水量は変わらないので小分けで飲む。
元気の薬コラム
ページの先頭へ戻る
Copyright(C)Hello Pharmacy All Right Reserved.
株式会社ヘルスエコノミクス研究所