健康フォーラム
> HOME > 健康フォーラム > 元気の薬コラム
> しもやけ
健康Q&A
元気の薬コラム
お薬研究室

<富士店メッセージ>
しもやけ

しもやけとは
しもやけは凍瘡(とうそう)と呼ばれる皮膚病の一種です。
防寒が不十分で、手足の指や耳たぶ、鼻などの皮膚表面の血行が悪くなり、細胞に充分な酸素や栄養が行きわたらず組織が破壊される事で赤っぽく腫れたり、ひどくなると水泡やびらん、ただれができる場合があります。また、温めて痒みがでても患部をかくのは良くないため予防することが大切となります。
しもやけは冬を中心とした寒い時期に多く、気温でいえば5℃以下で最高気温と最低気温の差が10℃くらいの場合に起こりやすいと言われています。
そして、しもやけの引き金は「湿気」で、手が濡れてたり、靴下が湿っているとその水分の蒸発とともに手足の表面温度を下げてしまいます。
 
予防方法
まずはしっかりと保温する事が大切です。防寒をしっかりする。
手袋や靴下は濡れないようにして、濡れた場合はすぐ取り替える。
手足が濡れたらすぐに乾かす。
血行を良くするマッサージを行う。
  衣服などで圧迫して締め付けないようにする。
冷え込みが厳しいときには冷たい水の使用を控える。
血行を改善するビタミンEの飲み薬を服用する。

しもやけになっても軽いうちは軟膏などを塗り、マッサージをすれば症状はよくなります。皮膚表面がジュクジュクし、水疱などができるような重症の場合は医師の診断してもらってください。まれに自己免疫疾患のエリテマトーデスやクリオグロブリン血症といった病気もあります。
防寒や湿気に充分気をつけているにもかかわらず、症状がでたりなかなか改善しない場合には皮膚科の専門医に診てもらった方がよいです。
元気の薬コラム
ページの先頭へ戻る
Copyright(C)Hello Pharmacy All Right Reserved.
株式会社ヘルスエコノミクス研究所